人々の思いを超えて

本来なら、三が日ぐらいまでは日本中のどこもお正月気分充満のはずですが、元日夕方に発生した北陸地方の大地震でそんな気分は一瞬で吹っ飛びました。お正月は家族揃ってのんびり過ごしたいという人々の思いを超えて、容赦無く自然災害が襲ってきました。これが災害大国日本の現実なんだ、とひしひし感じます。みなお正月休暇中であったろうに、避難者の方々だけでなく急遽対応に追われた様々な職種の人たちの姿も映像に映りました。
 自然災害は人の都合なんて一切関係なく突然降りかかってくるのだから、人間の方で、常時最悪の事態を想定して備えるしか打つ手はありません。自然災害だけでなく、その翌日に羽田空港で生じた航空機事故を見ても、想像し得ない災難は突発的に襲ってきます。たくさんの犠牲者を出した年頭のこれらの大惨事を、安全という最も大切なことについて誰もが気を引き締め深刻に考えるべく与えられた機会、と受け止めるより他ないと思います。